2015年10月30日金曜日

ブルーカラー's ホワイトカラー~金型屋新人のお勉強①


"勉強"


つまり情報を蓄積し、それらを総統合して使いこなせなるようになる努力。頭の中でデータベース化すること。閲覧自由、取り出し自在で、実際の行動に応用できる。知識が血肉となっている感じ。

と定義してみて、話を進めたいと思います。



ご存じの方も多いと存じますが念のため、
ホワイトカラー、ブルーカラーというのは色のカラーcolorでなく襟(えり)collarのことです。
白い襟はワイシャツを、ブルーは作業着を指し、知的労働と工場労働およびそれぞれに従事する者を意味しています。

これはとんでもない誤解だと私は思います。
手に職に憧れて入ったこの業界ですが、手を動かして加工するばかりでは仕事ができません。どんなものを作っているかによって程度の差こそあれ、工具や材料に対する知識、加工方法、加工を行う機械についての知識などなど、勉強することがたっくさんあります。


勉強にしばらくおさらばできるかと思ったら、まったくの誤解でした!笑



ということで、これから回を分けてしばらく勉強の様子をご紹介させていただきたいと思います。



まずはその方法論から・・・


私は16歳からほぼ一年ごとに新しいものにチャレンジしていました。
小学校の時に通っていたスイミングやバスケに始まり、ボクシング、英語、サッカー、アカペラ、居合い、ダンス、楽器等々。主にはスポーツですが、本当にいろんなことをやってきました。もちろん今もです。上に挙げた中で辞めているものはほとんどありません。時間配分的に多いものと少ないもの、というのはありますが・・・

しかも、どのスキルも向上させたいというわがままから、
「いかに効率よく特定のスキルを磨いていくか」
を追求してきました。

なので、身体をつかうスキルの向上に関しては、僭越ながらある程度の自負を持っています。

しかし、学校の勉強の方は「好きなことばっかりやる」、「あまり勉強しないで感覚的に覚える」、「テスト前だけ暗記する」という姿勢で乗り切ってきたので、今そのツケを払っているようです・・・


これまでは勉強といえば「漆塗り」のようなイメージを抱いていました。
薄くても浅くても、重ねていけば積層し定着し、はがれにくいものになるだろう、と。

なので、とにかく本を多量に読んでいました。読んだ内容はまたどこかで出てくるだろう、何回か出てきたらいずれ覚えるだろうと、深く理解せずともその場で読み流していました。

製造にかかわる本で入社から一年半までに読んだものの1/3~1/4ほど。

                      


ところがそうは問屋は卸申さず、漆には「のりがわるいもの」というのがあるようです。


製造業は特に経験がなく、しばしば量子や物理の世界の話になるため、言葉に対するイメージが持てないことが多かったのかもしれません。一向に覚えていく気配がありませんでした。


これでは、今までの感覚的でテキトーな知識習得方法では通用しないと気づき、半年ほど前からようやく「勉強方法」の研究をスタートさせました。



つづく

2015年10月6日火曜日

省エネセミナー 2015年11月11日


弊社の環境への取り組みについて省エネセミナーでお話しさせていただくことになりました。

第8回 省エネセミナー開催概要

日時平成27年11月11日(水)13:00~16:30(受付時間:12:30~)
場所
科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2番1号 B2階)

定員410名(申込先着順)
参加費無料
主催東京都地球温暖化防止活動推進センター、東京商工会議所
プログラム第1部 基調講演
-中小企業の省エネによる経営改善-
東京都中小企業診断士協会 中小企業診断士  大島 建 氏

第2部 省エネ推進事業者事例発表
  ・アルプス電気株式会社
    -アルプス電気株式会社 本社ビルの省エネ事例-
  ・日本トイザらス株式会社
    -日本トイザらス株式会社 省エネルギー活動の取組みについて-
  ・株式会社ミヨシ
    -小さい目標から始める町工場の環境経営-

第3部 パネルディスカッション
(1)クール・ネット東京発表
  -企業経営に直結する省エネルギー活動-
   東京都地球温暖化防止活動推進センター 技術専門員  常慶 隆一

(2)パネルディスカッション
   テーマ:熱意と工夫の省エネで収益改善!

 モデレータ
   東京都中小企業診断士協会 中小企業診断士  大島 建 氏
 パネリスト
  アルプス電気株式会社  管理本部 総務部 環境課 課長山口 正孝 氏
  日本トイザらス株式会社 店舗開発・建設本部 建設部 EMS課 
 マネージャー大橋 進 氏
  株式会社ミヨシ代表取締役社長杉山 耕治 氏
  東京都地球温暖化防止活動推進センター技術専門員常慶 隆一



製造業はものを作ることが本業です。
しかし、作ったものはいつまでも私たちのそばにあるとは限りません。

壊れてしまったり
必要とされなくなったり

永遠に必要とされつづけ、使われるものもあるかもしれませんが、今の便利な世の中は必要なくなり、使えなくなったら廃棄される事が殆どです。
だからこそ作る側が、作る工程で環境を意識し、作ったものが最後どうなるのか意識して、職務にあたることが大切なことだと考えています。

「環境に配慮していること」は企業イメージが向上すると考えている方もいるかと思います。
本来はイメージよりも、企業の責務として環境に配慮した経営ができる事が望ましいと考えています。

大きな投資や大きな実績は必要ありません。
まずは意識しながら、自分たちが出来ることを少しずつ取り組んで。

というお話をさせていただく予定です。
(資料は鋭意作成中です)

昨年実施した同様のセミナーは400名ほど参加されたそうで、今年も同じくらいの人数になりそうです。

他の経営者が環境経営を行うに当たり、少しでも参考になってくれればと思っています。



http://www.tokyo-co2down.jp/seminar/check/

2015年10月1日木曜日

葛飾区長にお会いしてきました

第5回下町サミット開催の実績報告のため、「ものコト100」のメンバーで
9月24日に青木克徳葛飾区長にお会いしてきました。




15分間の予定でしたが、区長との話が弾み、30分以上時間を頂いて色々な話をさせて頂きました。区長は新しいことにチャレンジしていこうという姿勢があふれ出ていて、かつ現場も良くご存知でした。

今まで区政がどの方向に進んでいくのか、理解していない部分がありましたが、直接会って疑問に思うことに答えて頂き、理解することができました。

人と人が会って話をすることの大切さも実感しました。


これから色々と意見交換しながら、葛飾区をもっと良い街にしていけると嬉しいです。