投稿

2020の投稿を表示しています

工場直販サイト『MIYOSHI KO-BO』を開設しました

この度
工場直販のオンラインショップ
“MIYOSHI KO-BO”(ミヨシ工房)
を開設いたしました。

工場直販のオンラインショップ開設に至った背景として弊社の企業理念
「人の役に立つものづくり」
「捨てられないものづくり」
がございます。

経済的に豊かになった日本で、私たちはものをたくさん持つようになりました。
その反面、必要がなくなればすぐに捨ててしまいます。
大量生産・大量消費・大量廃棄社会となった昨今では、ごみはさまざまな地球環境問題を引き起こしています。

ものをつくることが仕事の私たちには “製品の最後がどのようになるか”を考える責任があります。

もし私達の作った製品が、すぐに捨てられて、燃やされたり埋められたりするのであれば、 ごみは増え続け、資源の無駄遣いと環境汚染はさらに加速していくことでしょう。
それは私たちの理想とするものづくりではありません。

私たちは 『人の役に立つものづくり』 『捨てられないものづくり』 を企業理念に掲げ、 環境にやさしい素材を使用して、必要な人のために必要な数だけ製造することを目指しています。 それこそが余計なゴミを減らし、本当に無駄のない理想のものづくりに近づくと考えます。

大切に、長く愛用していただけるものを、私たちは一つずつつくり、お届けいたします。

“MIYOSHI KO-BO”(ミヨシ工房) https://miyoshikobo.thebase.in/

杉山耕治

【登壇】「第5回 スマートニッチ友の会 Online」  ~新結合により破壊的ネットワークを紡ぐ~

第5回 スマートニッチ友の会 Online 第一部『下町アイデアの新結合』でお話します。

https://goodway.co.jp/fip/htdocs/event/20200627?fbclid=IwAR3V3r9zaRMUgNtUBK-KCnzRq7h2ntEU9Ht5b-z0vZIsR7J779hYQ_FlY9M

新型コロナウィルスにより、私たちの活動方法は大きく変わりました。 その中で取り組んだことをお話しできればと考えています。
名 称「第5回 スマートニッチ友の会 Online」  ~新結合により破壊的ネットワークを紡ぐ~ 日 時 2020年6月27日(土)20:00~21:50
主 催  一般社団法人スマートニッチ応援団 、株式会社グッドウェイ
協 賛 株式会社ミヨシ 、テクノポート株式会社 、株式会社浜野製作所 、株式会社morich 、 株式会社みらいワークス 、TH International GmbH 、Berlin Food Tour & Go Sake Project
協 力 株式会社チェンジ、ツッテ、テラロック 、株式会社フィラメント 、漆刷毛師 泉 虎吉 、 こうふぐらし研究所 、日本ユニシス株式会社(FFLab:Financial Foresight Lab)、  YOH NAGAO、株式会社ナノ・グレインズ
(特別協力)ものづくりドットコム 方 法  Zoomによるオンライン開催 参加費  無料 定 員  200名
申し込みはこちら https://ws.formzu.net/fgen/S41398600/



杉山耕治

動画で自社の出来ることを発信 サプライチェーンチャレンジ

2分動画で、自社で出来ることを発信
奇跡のラストワンマイル、サプライチェーンチャレンジとして動画を撮影しYouTube で発信しました。 https://www.youtube.com/watch?v=4_9joaDpQdI

奇跡のラスとワンマイルの始まりはこちら
https://www.facebook.com/go.koba.5/posts/10221118728068972
今回の新型コロナの影響は長期化すると考えています。
影響が長期化すると私たちの生活で必要なものも変わってきます。
近年、様々なものづくりを海外に頼っていました。
今回の新型コロナで、まずマスクが手に入らなくなり、さらにインフラに必要なものや医療機器の部品も手に入らなくなっています。
新型コロナが長期化すれば、どの国も自国を守ろうとし、自国に必要なものには輸出制限をかけるのではないでしょうか。
そうすると、海外に生産を頼っていた私たちに必要なものは、手に入らなくなります。
必要なものが手に入らなくなる現象は、新型コロナに限らず、有事の際には起こりうることだと思います。
日本にはまだ、技術の高いものづくり企業が沢山残っています。 残っていると書いたのは海外に頼っていけばそのうち、国内のものづくり企業はどんどん無くなって行くと感じているからです。 海外からのものの調達がしづらくなっている今、急いで日本国内で何とかしなければなりません。 しかし、海外生産に頼っていたものづくりを国内に戻すのは非常に大変なことです。
コスト以上にどこに何を頼んだら良いか分かりませんから。

そこで、今ある日本国内の製造業の技術と設備で、これから私たちの生活に必要なものを、自国内でつくっていくためにも、私たちのような小さな会社でも何が出来るか情報発信していくことが、とても大切だと感じて、動画を作成しました。

動画は見ている人に短い時間で沢山の情報を発信でき、とても良い方法だと思います。
しゃべっている時に噛んだり、何より自分の声を聞いたり動きを見るのは、恥ずかしいというか見るに見かねます(笑

感染症拡大防止のため、事業活動は今すぐ停止するべきだという考えの人もいて、このような動画を出すことで批判もあるでしょう。
馬鹿にされることもあるでしょう。
それでも、必要だと感じ、すぐに実行してみました。
ゆで蛙になるくらいなら、現状を…

弊社における新型コロナウィルス対策について

いよいよ日本全国、新型コロナウィルスが広がりを見せ始めましたね。今は感染拡大を少しでも遅らせたり防ぐことが重要な時期だと感じています。
怖がるだけではなく、普段から睡眠時間を十分確保し、適切な食事を摂り、免疫力を高めることが大切だと考えています。
それに加えて、新型コロナウィルス対策として、弊社では以下の通り通達しております。 ・体調が悪い場合は申し出、会社を休む
体調が悪いとは、平熱よりも1度以上高い、のどの痛み、頭痛、腹痛、鼻水、咳など ・人ごみを避ける
展示会や多数の人が集まる会合などには3/15までは参加しない。
3/15以降は状況見て判断する。
私生活においても、人が多く集まる場所は避ける。 ・通勤ラッシュを避ける
通勤時ラッシュの時間帯を避け通勤する。変更する時間は各員が空いている時間を見極め調整する。
時間帯をずらしても対応が難しい場合は、車、バイク、自転車での通勤を許可する。
(期間は3/31まで。情勢を見て延期する場合あり) ・手洗いうがいを励行
普段から清潔に気を遣い、外から会社に入ってきた際や、飲食前は手洗いうがいを行なう。 ・人混みに行く際や、人混みでなくても不安な場合はマスクを着用する
個人でマスクを用意できない人は、会社にストックしてあるマスクを利用する。
数年後になって、今のことを思い出して、「予防しすぎて、あの時はやりすぎだったよね」と笑って話せるくらいになってくれれば良いと思います。 「どうせたいしたことはないだろう」「いまさら対策しても」と考えず、今私たちに出来る対策をしっかり講じて、社員とお客様、そしてその家族の皆さんが健康で安全に過ごせるようにと願っています。

2019年元旦 本年もよろしくお願いします

イメージ
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

新年あけましておめでとうございます。




昨年は創業者である杉山文夫が引退し(と言っても時々会社に顔を出しています)、気持ち新たに、ミヨシが社会から必要とされる会社であるためにはどのようにすれば良いかを、みんなで考えております。

本年もミヨシが社会から必要とされる会社になれるよう、社員一丸となって活動してまいります。


本年もよろしくお願いいたします。

杉山耕治