2016年3月4日金曜日

消火訓練と災害対策

3月3日、午後から消防署に指導をお願いして、消火器の使用訓練を行いました。
天気も良く、気温も暖かく、花粉も良く飛び、絶好の消火器訓練日和となりました。

消火器の使用訓練は7年くらい前に実施しましたが、意外と感覚忘れているものだなと感じ、訓練の継続実施の重要性を感じました。

消防署職員から操作説明

実際に使用してみて操作手順を確認


消火器の使用方法としては
・消火器の使用できる時間
・消火器から出る消火剤の距離
について、各消火器を確認すること。

他に、消火訓練の際消防署の職員から教えて頂いたのは
火の高さが天井に届くような大きさの場合は自力での消化は難しいので、人命優先でまず逃げてることだそうです。
そして周りに知らせることも大切ですね。

石油ファンヒーターが倒れた際に火災になることがあるため、ファンヒーターは倒れやすい置き方をしないことや、周囲に燃えやすいものがないようにすること、などのアドバイスをもらいました。


訓練後の質疑応答では積極に質問
消火訓練の際、緊急避難も行いました。

逃げ遅れている人がいないか、点呼をとるのですが、これは誰がどういう風にと決めていないと、いざその状況になった時に対応できないと感じました。




消火器の使用訓練の後、社員全員で消火器の場所の確認、避難経路の確認などを各現場を回りながら話し合いました。


私達の会社、働いている人の命も当然ですが、周囲の住人に対しても被害が出ないよう、災害対策は必須ですね。


もうすぐ東日本大震災から5年が経ちます。
普段の生活からは縁が遠いことですが、あの経験を思い出し、災害対策を続けていたいと思います。




杉山耕治