2016年12月12日月曜日

プラスチック技能検定

プラスチック成形技能士の伝達式に行ってきました。



技能検定に合格したのは私ではなく、弊社の社員、辻です。
辻は大学では文系を専攻し、弊社に入社した時は成形加工の知識どころか機械、生産、加工に関する知識はありませんでした。
新人研修の後、成形の仕事を選択し、誰から言われるでもなく、自分の考えで技能検定を受けることを決め、昨年3級を取得し、今年は2級に合格しました。

伝達式の後、私は日本技術士会機械部会の幹事会に出席するために機械振興会館に向かいました。





















東京タワーのオレンジ色は昼でも夜でも空との調和がとても良くて美しいですね。


成形技能士に合格したのは私にとっても非常に嬉しいことです。
恥ずかしながら、弊社には成形経験豊富な技術者が居ません。私や他の社員も経験豊富な技術者に教わったのではなく、成形時に起こった現象を観察し、考えて対応してきました。それゆえ、最適な手法を教えることが出来ませんでした。そんな中、辻は自分から外部講習に足を運んだり、自分で考えて工夫したりと、良く頑張ってきたと思います。

今年で入社3年目の辻ですが、これかも色々なことに挑戦していってほしいです。
合格、おめでとうございます!


杉山耕治


そんな、チャレンジ精神旺盛な辻、今は自動車の運転免許取得に挑戦中です。