2011年3月21日月曜日

日本の傷が早く癒えますように

あの大震災から10日が過ぎました。

発生してから暫くは、震災により亡くなった方や
住む場所、職場をなくされた方、避難されている方を思うと
胸が苦しくてたまりませんでした。

お見舞い、お悔やみ。。。色々な言葉がありますが
どの言葉もあてはまらない位、深い悲しみに包まれました。

影響の少ない私までもが下を向いていてはいけないと
ここ数日で気持ちの整理がついていきました。

今は、動ける人達で出来る事を精一杯し、日本全体が元気になり
被災された方々が復興しやすくなってくれるよう願うばかりです。


今回の震災において私たちが理解し、コントロールできていると思っている事も
地球の運動に対しては、いかにそれが出来ていなかったかが証明される事象もありました。

今ある快適な生活には非常に大きなリスクが伴っていることも。



地球に住むとはどういうことか。


資源を使うこととはどういう結果を生むのだろうか。


快適な生活を求めると同時に私たちが住む地球に対して
どのように共生していくべきなのかを、今後も考えていきたいと思います。


物をつくる側の存在意義も含めて。



被災に遭われた方々が、一日も早く、今まで以上に
笑って暮らせる日が来ることを、心より願っています。