2011年11月30日水曜日

マイクロメータ収納ボックス

工場、現場治具第3弾です。

私達は作ったものが狙った形状にできているか確認するために、測定をします。

測定は長さを測ったり、重さを量ったり、硬さを測ったり。
中でも、長さを測る測定具は形が一様でなく収納に困る物が多い。

マイクロメータも収納に困る測定具の一つです。


・よく使うので取り出しやすくしたい

・煩雑に扱うと精度が狂うのできちんと収納したい

・使う前に校正もしたい

・道具が毎回所定の位置に戻されているか、目視で確認できるようにしたい


そんな現場の作業性を考えて作られたのがこちらです。







塗装は必要ないっちゃー必要ないのですが製作者の趣味で(笑)

このBOXの良い所は、異なる測定範囲のマイクロメータが一緒に収納できること、
校正に使うテストピース、スパナが同じ場所に収納されている所。

マイクロメータは気温の変化でも簡単に1μmは差が出るので
使う前に必ず校正は行うようにしてます。
恒温室で測るのが正解なのですが。。。


さらにマイクロメータが戻っているか一目でわかるので、戻していなければ
注意喚起がすぐできます。


ん・・・・・・一つ足りないな(笑)


ちょっと探しにいってきます。